アプリゲーム・テレビゲームに関する攻略情報サイト

ゲー魔王.com

携帯アプリ

iPhone7/7Plus 【性能・スペック・新機能の詳細】iPhone6s/6sPlusとの比較表

投稿日:2016年9月10日 更新日:

2016年9月9日より予約開始。
2016年9月16日に発売されるiPhone7/7Plus。

ついに発売される新iPhone!
ここではiPhone7/7Plusの性能・スペック・新機能などを紹介する。
iPhone6s/6sPlusとの比較表も掲載。

iPhone7/iPhone6s比較表

 項目/機種 iPhone7 iPhone6s
画像 iphone7%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba iphone6s%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba
カラー
バリエーション
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック 
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
スペースグレイ 

高さ
厚さ
 67.1mm
138.3mm
7.1mm
67.1mm
138.3mm
7.1mm 
重量 138g 143g
解像度
画面サイズ
 1,334×750
4.7インチ
326ppi
1,334×750
4.7インチ 
326ppi
3DTouch  ○ ○ 
システムチップ
CPU
 Apple A10 Fusion
M10モーションコプロセッサ
Apple A9
M9モーションコプロセッサ 
容量  32GB(×ジェットブラック)
128GB
256GB
16GB
32GB
128GB 
メインカメラ
画素数
 1,200万画素
f1.8
最大5倍
デジタルズーム
  1,200万画素
f2.2
最大5倍
デジタルズーム
メインカメラ
レンズ
LivePhotos
6枚構成レンズ
手ぶれ補正機能 
LivePhotos
5枚構成レンズ
インカメラ
画素数 
 700万画素
1,080p HDビデオ
f2.2
 500万画素
720p HDビデオ
f2.2 
ビデオ 4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
パノラマ 最大63メガピクセル 最大63メガピクセル
手ぶれ補正 -
カメラ機能 写真・Live Photos
広色域キャプチャ

クアッドLED True Tone フラッシュ

人体検出・顔検出

True Tone フラッシュ

顔検出

SIM規格 nano-SIM nano-SIM
コネクタ Lightningコネクタ
イヤホンジャックなし
Lightningコネクタ
イヤホンジャック本体下
通信方式 GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev.A
VoLTE
NFC
Felica
GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev.A
VoLTE
NFC
キャリア au
SoftBank
docomo
au
SoftBank
docomo
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
LTE 4G LTE-Advanced
(最大450Mbps)
4G LTE-Advanced
(最大300Mbps)
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
Touch ID
指紋認証
第2世代
タッチ式
第2世代
Apple Pay Touch IDによる
店頭・ウェブ・アプリ内での支払い

iPhone内のSuicaによる
交通機関の支払い
店頭での購入が可能

Touch IDによる
店頭・ウェブ・アプリ内での支払い
防水・防沫 IP67 -
バッテリー比較 iPhone7 iPhone6s
連続待受時間 最大10日間 最大10日間
連続通話時間 3G:最大14時間 3G:最大14時間
LTEデータ通信 最大12時間 最大10時間
3Gデータ通信 最大12時間 最大10時間
Wi-Fiデータ通信 最大14時間 最大11時間
音楽再生 最大40時間 最大50時間
動画再生 最大13時間 最大11時間

 

 

iPhone7 Plus/iPhone6s Plus比較表

 項目/機種 iPhone7 Plus iPhone6s Plus
画像 iphone7plus%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba iphone6splus%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba
カラー
バリエーション
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック 
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
スペースグレイ 

高さ
厚さ
 77.9mm
158.2mm
7.3mm
 77.9mm
158.2mm
7.3mm
重量 138g 143g
解像度
画面サイズ
 1,920×1,080
5.5インチ
401ppi
 1,920×1,080
5.5インチ
401ppi
3DTouch  ○ ○ 
システムチップ
CPU
 Apple A10 Fusion
M10モーションコプロセッサ
Apple A9
M9モーションコプロセッサ 
容量  32GB(ジェットブラックはなし)
128GB
256GB
16GB
32GB
128GB 
メインカメラ
画素数
1,200万画素 広角
1,200万画素 望遠
広角:f1.8
望遠:f2.8
2倍の光学ズーム

最大10倍
デジタルズーム
  1,200万画素
f2.2
最大5倍
デジタルズーム
メインカメラ
レンズ
LivePhotos
6枚構成レンズ
手ぶれ補正機能 
LivePhotos
5枚構成レンズ
インカメラ
画素数 
 700万画素
1,080p HDビデオ
f2.2
 500万画素
720p HDビデオ
f2.2 
ビデオ 4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
2倍光学ズーム
6倍デジタルズーム
4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
パノラマ 最大63メガピクセル 最大63メガピクセル
手ぶれ補正
カメラ機能 写真・Live Photos
広色域キャプチャ

クアッドLED True Tone フラッシュ

人体検出・顔検出

True Tone フラッシュ

顔検出

SIM規格 nano-SIM nano-SIM
コネクタ Lightningコネクタ
イヤホンジャックなし
Lightningコネクタ
イヤホンジャック本体下
通信方式 GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev.A
VoLTE
NFC
Felica
GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev.A
VoLTE
NFC
キャリア au
SoftBank
docomo
au
SoftBank
docomo
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
LTE 4G LTE-Advanced
(最大450Mbps)
4G LTE-Advanced
(最大300Mbps)
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
Touch ID
指紋認証
第2世代
タッチ式
第2世代
Apple Pay Touch IDによる
店頭・ウェブ・アプリ内での支払い

iPhone内のSuicaによる
交通機関の支払い
店頭での購入が可能

Touch IDによる
店頭・ウェブ・アプリ内での支払い
防水・防沫 IP67 -
バッテリー比較 iPhone7 iPhone6s
連続待受時間 最大16日間 最大16日間
連続通話時間 3G:最大21時間 3G:最大24時間
LTEデータ通信 最大13時間 最大12時間
3Gデータ通信 最大13時間 最大12時間
Wi-Fiデータ通信 最大15時間 最大12時間
音楽再生 最大60時間 最大80時間
動画再生 最大14時間 最大14時間

iPone7/7Plusのスペック詳細

デザイン

iPhone7/7Plusのデザインは、基本iPhone6s/6sPlusとほぼ変わらない。
唯一変わっている所は、背面を横切っていたアンテナライン。
iPhone6s/6sPlusでは背面の上下を1本線がはっていたが、7/7Plusでは上下のふちに沿って這っている
このふちを這うことにより、アンテナラインの違和感が少なくなり、すっきりとした見た目になった。

本体のカラーにより、アンテナラインの色も違ってくる。
ゴールド・ローズゴールドには目立つ白のラインを起用。
シルバーにはグレーのライン。
ブラック・ジェットブラックには黒いラインで、ぱっと見アンテナラインとわからない。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションとして、iPhone6s/6sPlusのシルバーグレイは無くなっている。
従来の「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」
新たに光沢感のある「ジェットブラック」、マット感に仕上がっている「ブラック」が追加されている。

新色のジェットブラックは、他のカラーに比べて指紋や傷がつきやすいと言われている。

 

画面ディスプレイ・サイズ

解像度に関しては、iPhone6s/6sPlusと変わらない。
ディスプレイはiPhone6s/6sPlusと比べると25%明るくなってい

 

チップ・バッテリー

iPhone7/7Plusに搭載されている「A10 Fusion」チップは新設計のクアッドコア(4コア)で構成されている。
2つの高性能コアと2つの高効率コアを持っており、高性能コアはiPhone6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアの5分の1の電力で動く。

この性能は脅威的なもので、簡単に言うと情報処理能力が上がり、消費電力も抑えられる。
つまり重たいアプリがサクサク動く、快適さが増すということになる。

 

容量(ストレージ)

容量のラインナップは32GB、128GB、256GB。
iPhone6s/6sPlusでは最大容量は128GBだったが、さらに倍の256GBが登場。
最小容量の16GBもなくなり、iPhone7/7Plusは32GBから。

新色のジェットブラックに関しては、32GBはなく、128GB、256GBのみで販売される。

 

カメラ機能

カメラ機能も強化されている。

iPhone7は、画素数では1200万画素とiPhone6sと同じ数値だが、メインカメラにiPhone6sよりもちょっと大きな「iSightカメラ」を搭載。
6枚構成のレンズ広色域キャプチャ、光学手ぶれ補正などの新機能が追加と大幅にパワーアップされているので、美麗な写真が撮影可能。

iPhone7Plusは、さらにメインカメラに、広角カメラと望遠カメラという2基のカメラを搭載。
これら2基のカメラの組合せで、2倍の光学ズームから最大10倍のデジタルズームを可能にした。

 

ホームボタン

iPhone7/7Plusのホームボタンも大きな変化を遂げている。
物理的なボタンではなく、フロントパネルに埋め込まれた「感圧式ホームボタン」が搭載されている。
この感圧式ホームボタンは押してもへこまず、振動によってクリック感が再現されている。
つまり、iPhoneの電源が入ってない場合はクリック感は感じない使用になるとのこと。
これによって、フロント部分に突起物が無くなり、デザイン的にシームレスさが増していることになる。

 

耐水性能・防沫性能

今回のiPhone7/7Plusの目玉機能ともいえるのが防水・防塵機能。
防水性の規格として「IP67」に対応とのこと。
ではiPhone7/7Plusが対応する「IP67」規格とはどういうことか。
防水・防塵の程度を表すものを「保護等級」といい、「IP67」の「IP」の部分が「保護等級」のこと。
では気になる「67」の数字だが、保護等級を表す表というのがあるのでご覧いただきたい。

防塵(外来固形物に対する保護等級) 防水(水の侵入に対する保護等級)
等級 内容 等級 内容
0 特に保護がされていない 0 特に保護がされていない
1 直径50mm以上の固形物が中にはいらない 1 鉛直に落下する水滴を受けても有害な影響を受けない(防滴I形)
2 直径12.5mm以上の固形物が中にはいらない 2 斜め15度以内からの水滴を受けても有害な影響を受けない(防滴II形)
3 直径2.5mm以上の固形物が中にはいらない 3 斜め60度以内から噴霧された水を受けても有害な影響を受けない(防雨形)
4 直径1mm以上の固形物が中にはいらない 4 あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響を受けない(防沫形)
5 有害な影響が発生する粉塵が中にはいらない 5 あらゆる方向から水の噴流を受けても有害な影響を受けない(防噴流形)
6 粉塵が中にはいらない 6 あらゆる方向から強い水の噴流を受けても有害な影響を受けない(耐水形)
X (評価していない) 7 一定条件下で水中に入れても有害な影響を受けない(防浸形)
    8 一定条件下で連続的に水中に入れても有害な影響を受けない(水中形)
    X (評価していない)

保護等級に記されている数字を見てみると「IP67
iPhone7/7Plusの場合「6」は防塵。「7」は防水を表している。
つまり、粉塵は中に入らない。一定条件下で水中に入れても有害な影響を受けない。ということ。
防塵・防水に関して言えば、かなり優秀な性能を誇ると言えるだろう。
しかし、優秀だからといっても「完全防水」ではないので注意しておかなければならない。

防水機能がついているから、
「水中で写真やビデオがとれるよ」
ってわけではない。

「うっかりジュースをこぼしちゃった」
「うっかり水たまりに落として水没しちゃった」
というような場合に壊れることなく使用できるよ。

という認識を持つのが正しい。

ユーザーにとって待ち焦がれていた機能がやっと搭載されるという印象だが、防水ゆえに問題となることもあるが、それについては最後のまとめで話すことにする。

 

イヤホンジャック

iPhone7/7Plusにはイヤホンジャックがない。
従来イヤホンジャックがあった場所はスピーカーとなっている。
左右の下側にスピーカーが来ることによりステレオスピーカーになり、迫力のある、大音量が実現。

イヤホン自体は同梱されている有線イヤホンEarPods、もしくは3.5mmイヤホン端子アダプタを使って接続すれば使用可能。
そして、別売りになるAirPodsというワイヤレスイヤホンと接続することもできる。
AirPodsは充電可能な専用ケースを使い、すべてのApple社製端末と簡単に接続できる仕組み。
「Siri」とも連動しており、声でSiriを起動し、そのまま電話をかけたり、音量コントロール、ナビのルート検索などもできるとのこと。

 

ネットワーク

ネットワーク性能も上がっているiPhone7/7Plus。
iPhone6から比べると3倍、iPhone6sと比べると50%以上速くなっている。

 

Apple Pay(Suica対応)

iPhone7/7Plusは「Apple Pay」にも対応しており、JR東日本の「Suica」を使用できるようになる。
これによってクレジットカード機能で買い物の支払いができたりする。

>>iPhone7/7Plus 買う?買わない?買うべきか見送るべきかを考察!

 

>>おすすめ!無料スマホアプリゲームランキング!<<

スマホゲームアプリランキング用タグ

【崩壊3rd】Eity

【崩壊3rd】iPhoneダウンロード

【ディバインゲート】GAMEFEET

【ディバインゲート】Androidダウンロード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無料スマホアプリランキング

※2016/9/16更新

スマホゲームアプリランキング用タグ2

-携帯アプリ

Copyright© ゲー魔王.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.