アプリゲーム・テレビゲームに関する攻略情報サイト

ゲー魔王.com

携帯アプリ

iPhone7/7Plus 買う?買わない?買うべきか見送るべきかを考察!

投稿日:

2016年9月9日より予約開始。
2016年9月16日に発売されるiPhone7/7Plus。

主に

1.「耐水」
2.「イヤホンジャックがない」
3.「Suica対応」

という3つの新機能が取り上げられている。

正直なところ、「そんなもんか」という感想を抱いたのは、筆者以外にも多々いるはずだ。
そこで、「iPhone6s/6sPlus」と「iPhone7/7Plus」を比較し何が変わっているのかを調べてみた。

詳しくは

>>iPhone7/7PlusとiPhone6s/6sPlusとの性能・スペックなどの比較表はコチラ

に掲載しているので詳細知りたい方は見てください。

 

このページでは、果たしてiPhone7/7Plusは「買うべき」なのか「買わないべき」なのかを考察してみる。

ズバリ!結論をいうと「買わないべき」である。

これはあくまで筆者の独断と偏見によるものなので誤解しないでほしい。

今回の「iPhone7/7Plus」の「買う」か「買わない」かを決める上で重要なポイントがいくつかある。
素人目線でそのポイントを一つずつ解説していくので最後までお付き合いいただければと思います。

 

自分の心境、状況を把握すること

まず、今現在、あなたがお持ちの「スマホ」に不満があるかどうか。

バッテリーの持ちが悪い。
ネットが遅い。
アプリが重い。
サイズが合わない。
カメラ機能に不満がある。
防水機能がない。
値段が高い。
などなど。

上記の不満や、他にも不便なところがあるのなら「iPhone7/7Plus」の購入を検討する余地は十分あると言える。

今は特に不満はないという人は、もちろん現状維持だろうし、不便さは感じないが無類の新しいもの好きであれば、迷うことなく購入することだろう。

 

そして、最もユーザーを悩ませていると思う大手3社の「2年縛り」の料金体制。
実は、今年の6月から、この「2年縛り」を緩和する新料金プランが提供されている。

これまで大手3社による「2年縛り」という料金体制は、携帯やスマホの使用料金を割り引く代わりに2年ごとに契約を更新し、更新月以外に解約や他社への乗り換えを行った場合、違約金が発生するというもの。

それが、現在では、原則的に契約日から2年間は、途中解約時に違約金が発生するものの、3年目以降は自由に解約が行える。
つまり結局のところ、最初の2年は現状と変わらず、2年以内に解約や乗り換えを行うと違約金が発生するのだ。

自分の状況を当てはめてみるとどうだろう?
契約日から2年以上経過している方ならば、「新iPhone」の購入を検討してもいい。
契約日から2年経っていない方は、まだ待った方がいいのかなと思う。

 

iPhone7/7Plusの性能

iPhone7/7PlusはiPhone6s/6sPlusと比べて、なにが変わったのか。

まず、カラーバリエーションが変わっている。
ローズゴールド・シルバー・ゴールドは変わらず、スペースグレイは廃止。
追加色として、ブラック・ジェットブラックの2カラーが増えている。

大きさは変わっておらず、iPhone6s/6sPlusと同じ大きさ。

デザインもほぼ変わらないが、背面のアンテナ線が目立たなくなっている。
メインカメラが変わっているので、カメラの位置や大きさが違う。
(これによってケースがiPhone7専用のケースが必要)
ホームボタンが感圧式ホームボタンとなっており、物理的ボタンが廃止。

容量が最大256GBのタイプが増えた。

CPUがクアッドコア(4コア)。
簡単に言うとiPhone6s/6sPlusと比べると情報処理能力が上がり、消費電力も抑えられる。
つまり重たいアプリがサクサク動く、バッテリーも長持ち。

カメラ機能は「iSightカメラ」搭載。
暗い場所でもより明るくカメラ撮影が可能となっている。
光学手ぶれ補正機能も追加されている。

耐水・防沫機能が追加。

イヤホンジャックの廃止。

ネットワーク性能の向上。
iPhone6から比べると3倍、iPhone6sと比べると50%以上速くなっている。

Apple Pay(Suica対応)。

バッテリーの持ち時間も全体的に向上。

こうして見ると、外見はほぼ変わってないが、スタイリッシュになっており、中身は性能がかなり上がっていると言える。
冒頭に述べた、「3つの新機能」だけではなく、その他の面でも大幅にパワーアップされている。

性能・スペックだけで考えると、「買い」ではあると言える。

 

iPhone7/7Plusの不安要素

上記の追加機能やスペックの向上要素をみると、めちゃくちゃよくなっているのは確かなのだが、やはり不安な要素もいくつかあると思う。

注目したいのは「耐水・防沫機能」。
これはあくまで「耐水」であって「防水」ではないという点。

「水に耐えれる」というのと「水を防げる」というのでは意味が全然違うので勘違いしないように。

つまりは「誤って水に落としたとか、雨に濡れてしまったくらいなら耐えれますよ」という意味で、「水の中で使用できますよ」ということではないと認識しておくべきだろう。

その仕組みは、内部の電子基盤を1~10ミクロンくらいのコーティング層で覆って、内部の電子回路のショートを防ぐというもの。
端末全体をまるごと覆うような防水機能ではないが、これによって懸念されるのが「発熱」。

個人的に気になっていることなので特にウワサされていることではないが、iPhone6s/6sPlusでの発熱の件なども含め心配要素ではある。

初期不良というのは、どの製品でもあることなので言い出すとキリがないのだけど、決して安い買い物ではないため、少しでもリスクを減らしたいと考えると見送るのが妥当だと思う。(それを言い出すと一生買えないのだがw)

 

iPhone8のウワサ

初代のiPhoneの発売から来年2017年は10周年目だそうだ。
今年はiPhone7/7Plusが発売されるので、普通のサイクルなら2017年は7s/7sPlusと思いきや「iPhone8」が発売!という予測が発表されている。

ネットでも賛否両論はあるが、もし本当に「iPhone8」が出たならラッキー。
普通に「7s/7sPlus」だとしても「iPhone7/7Plus」よりは性能向上・安定していると思う。

iPhone7/7Plusを見送るネタとしては参考程度にはなるだろう。

 

まとめ

色々と好き勝手言ってきたが、上記のポイントを筆者と照らし合わすと

現状iPhone6sを使用中
ほしい理由
・「7」の性能は非常に魅力的。新しいもの好きなのでできればほしい。

見送る理由
・使用中のiPhone6sにあまり不満はない。
・「6s」は去年に購入しており、2年縛りを考えると今年はまだ1年目。
・初期不良や発熱が心配。今すぐ購入するよりかは、しばらく待って様子を見たい。

結論
やはり「2年縛り」が大きい、現状iPhone6sで不満はないし、ちょうど「2年縛り」が切れる来年はもしかしたら「iPhone8」が出るかもしれない。
ということで、「買わないべき(見送る)」と判断しました。

これは筆者の現状と考えをもとに出した結論なので「みんな買わないべき」と言っているわけではないのをご理解いただきたい。

もちろん、皆さまの現状、事情は様々だと思います。

例えば、現状使用しているスマホに不満があり、ちょうど今年で2年縛りが終わってるのであれば、十分iPhone7を買うべきだと言えるでしょう。

このページが、皆さまの判断材料の参考程度になれば幸いです。

 

iPhone7/7Plusの詳細が知りたい方は

>>iPhone7/7PlusとiPhone6s/6sPlusとの性能・スペックなどの比較表はコチラ

をご覧ください。

 

>>おすすめ!無料スマホアプリゲームランキング!<<

スマホゲームアプリランキング用タグ

【崩壊3rd】Eity

【崩壊3rd】iPhoneダウンロード

【ディバインゲート】GAMEFEET

【ディバインゲート】Androidダウンロード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無料スマホアプリランキング

※2016/9/16更新

スマホゲームアプリランキング用タグ2

-携帯アプリ

Copyright© ゲー魔王.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.