アプリゲーム・テレビゲームに関する攻略情報サイト

ゲー魔王.com

ドラクエ11

ドラゴンクエストXI [ドラクエ11ストーリー]

投稿日:2017年4月26日 更新日:

新たな「勇者」の物語が、今ここに動き出す。

ドラゴンクエストXI [ストーリー]

伝説の「勇者」の生まれ変わりとして、広大な世界へと旅立つ。

「ロトゼタシア」と呼ばれる世界──

穏やかな「イシの村」で暖かな村人たちに育てられた主人公は、16歳の誕生日を迎える。
村のしきたりとして、成人の儀式にのぞむことになるのだが。

かつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりが自分であり、大きな使命を背負うものだと知る。

勇者とは何か、勇者の使命とは何かを知るため、広大な世界へと旅立つのだった。

 

目指すは大国「デルカダール」。そして王のもとへ。

母は、デルカダールに行けばすべてが明らかになると言っていた。
やがて主人公は、デルカダール王のもとへたどり着く。

自分は「勇者」であると告げる主人公。
その言葉を聞いたデルカダール王が口を開く。

「勇者」とは何者なのか──

 

そして、勇者は 悪魔の子 と呼ばれた!!

デルカダール王の口から、信じられない言葉が発せられる。
「勇者は悪魔の子である」と。

王の言葉に反応して、一斉に剣を突きつける兵士たち。
一体これはどういうことなのか。

伝説の「勇者」の物語は、激しく動き出し、運命の歯車が回り始める。

 

ストーリー考察

大きな謎を呼ぶドラゴンクエストXIのストーリー。
ドラゴンクエスト生誕30周年を迎える年に発売される本作は、まさにドラゴンクエストの集大成ともいえる作品である。

大きな謎やシリーズならではのキーワードが散りばめられてるストーリーを読むだけで引き込まれるドラクエXIの世界。
ここではストーリーで語られる謎やキーワードを抜き出し、考察してみます。

 

ロトゼタシア

冒険の世界となる「ロトゼタシア」。

ここで、気になるワードがあります。

"ロト"ゼタシア。

ロトという言葉でピンと来るのが「ロト三部作」。
ロトとはドラクエ1~3のシリーズ作に出てくる「伝説の勇者」のことですね。

「勇者ロト」と「ロトゼタシア」、その関係性はまだ明らかにされてません。
実際にプレイして物語の中で徐々に謎が解けていくのでしょう。

ただ、なんの脈絡もなくロトを入れ込んだとは思えません。
なにかしら過去作の「ロト」が関係してくるのではないでしょうか。

 

イシの村

渓谷の中に存在する小さな村。
ドラクエシリーズではありふれた「はじまりの地」。

本作の物語は、主人公が16歳の誕生日を迎えたこの村から始まります。

村では16歳の誕生日を迎えると「神の岩」という場所で「成人の儀式」を行うならわしがあるという事が判明しています。
主人公と幼馴染のエマがこの儀式に参加するというのが最初のイベントになりそうです。

しかし、「イシの村」という名前は、どこかドラクエらしくない名前だと思うのは僕だけでしょうか。
過去作に「石の町」という町がありました。

うろ覚えではあるのですが、その町は石でできた町だから「石の町」。
これは納得いくのですが、「イシの村」というのがなにか引っかかります。

ちなみに「イシ」の言葉を漢字にすると、「石」「意思」「意志」「遺志」の4つ。

それぞれの意味はこちら

「石」:岩石のうち、割合小さいもの。砂と岩の中間の大きさのかたまり。
「意思」:しようとする考え、思い。
「意志」:成し遂げようとする思い。
「遺志」:死者の生前の志。

これらを考えると、「意思」あるいは「意志」という意味合いを持つ村ではないかと思います。
もしかしたら、「意思」「意志」「遺志」のすべての意味を含むのかもしれません。

しかし、全くの論外だろうと思われる「石」ですが、実は以外な秘密が隠されてることが判明しました。

この「石」という漢字、分解すると「ロ」と「ト」になるという情報があります。
つまり、「石」=「ロト」。

「イシの村」とは「ロトの村」とも呼べるのではないでしょうか。

 

大国デルカダール

大陸一の大国デルカダール。
主人公は物語の序盤で、このデルカダールを目指すことになります。

大国デルカダールを治めるのは「デルカダール王」。
剣術の達人であり、王の資質も兼ね備えた「稀代の帝王」と評されている。

王の傍には武に優れた将軍「グレイブ」、知に秀でた軍師「ホメロス」がいる。

世界地図を見てみると、「イシの村」の北、地図のほぼ中心にお城が見えます。
この城が「デルカダール城」だと思われます。

過去作において、似たような地名であると言われているのが「デルコンダル」。
なにかしらの繋がりがあるのかもしれないですね。

 

勇者

勇者とは、勇気ある者、勇敢な者に対する称号のことをいう。

ドラクエシリーズでは必要不可欠なキーワードであり、ドラクエの世界での勇者とは、
世界を悪から救う者、英雄を表します。

過去作においては、勇者の末裔、もしくは勇者自身、勇者を支える者など、勇者に関係する人物が主人公(プレイヤー)でした。
ロト三部作では、「ロト=勇者」であり、勇者の血を引くものが救世主であると描かれてます。

今作の主人公を見てみると、自分が「伝説の勇者の生まれ変わり」であると告げられます。
勇者とは何か、勇者の使命とは何かを知るためにデルカダールへ旅立つことになるのですが、ロトとの繋がりはあるのか、はたまた全く新しい勇者像が描かれるのか。

「勇者」という言葉は今作においても重要なキーワードになることは間違いないようです。

 

悪魔の子

主人公が「勇者」とは何かを知るためにデルカダール王と謁見した際、衝撃的な言葉を耳にする。
「勇者は悪魔の子である」。

勇者=悪魔の子。悪魔の子というのは世界を滅ぼす存在だと思われます。

この発言により、勇者の生まれ変わりと言われる主人公は一転、逃亡者となります。

世界を救う存在の勇者が、世界を滅ぼす存在の悪魔の子と呼ばれたのはなぜか、様々な事情があるのでしょうが、
ドラクエ世界でよくある「予言」が関係しているのではないかと思いますね。

 

ドラクエ11商品情報

 

ドラクエ11最新情報TOPへ

 

【崩壊3rd】Eity

【崩壊3rd】iPhoneダウンロード

【ディバインゲート】GAMEFEET

【ディバインゲート】Androidダウンロード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無料スマホアプリランキング

※2016/9/16更新

スマホゲームアプリランキング用タグ2

-ドラクエ11

Copyright© ゲー魔王.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.